スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

軒裏塗装

11月8日

本日は、2階の軒裏を塗装します。

年のせいでしょうか、若い頃はいつまでも
寝ていられましたが、最近はだいたい毎朝、
5時半には起きる蒼珍です。
でも今朝は、8時までたっぷり寝てしまいました。
こんな話をしていて、「若くなったのかな~」
と言ったら、奥様にコケにされました(TT)

はいはい、単純に疲れてただけですよ~

思ったほど腕、肩の痛みは無いものの、何となく
全体的にダルイ感じ、
しかし、今日中に2階の軒裏の塗装を終えるため
朝食後すぐに作業開始。
ミニ蒼、ママ珍ともに外出のため、邪魔されずに
作業が出来ます。

使う塗料は、大日本塗料のビルデック赤缶。
希釈率は、10~15%となっていますが、
5%希釈でも、屋根の塗料よりサラサラな感じでした。
塗りにくければ、薄める覚悟で、5%希釈で使用。
あまりサラサラになると、垂れやすくなり透けそうと
思った事もありますが、この希釈率で十分な感じです。
テープでマスキングした境の部分を刷毛で塗装し、
中央部をローラーで塗装。

上を向いて塗装の経験などこれまでありません。
なるべく垂れないように塗ってみるが、
思いっきり垂れます。ボタボタ垂れる事は
注意していれば、殆ど防げるのですが、
ローラーを使っての作業では、スピードに比例して
シブキが上がり、降り注ぎます。
ゆっくり目にやっても、しぶきは多少でます。
マスキング、養生は重要です。
マスキングの上に飛び散ったシブキです。

シブキ

お昼の休憩の段階で、メガネに細かなシブキが
付着していました。爪でこすると容易に剥がれましたが、
塗料を大量に浴びている証拠です。体も養生しましょう。
長袖、長ズボン、頭にはタオルを海賊風に巻いて作業を
しています。頭のタオルは汗をかいた時に吸い取ってくれるし
ヘルメット程の効果は無いまでも、多少は頭の保護にも
繋がるかと思います。

メガネに付いていたシブキの直径は細かい物では
直径0.1mmにも満たない位のサイズです。
こんな小さなシブキなら、容易に周囲へ飛散することが
想像されます。
周囲の汚染の心配の無い南側から作業を開始しましたが、
自宅の車は駐車場から避難。
隣家側は、メッシュシート保護だけで大丈夫か?
メッシュの穴を通過しそうで、気になっていたら、
運よく昼から車で外出され、その間にせっせと塗装。

隣家との境にある柵は、西側は蒼珍宅の所有物。
東側は、隣家の所有物で、やはり汚さないように、
ビニールシートでくるんで、汚染防止をしています。
東側は、隣家の所有物なので、作業日のみ保護するように
しています。
1時頃に何とか塗り終わり、全体を見て周った。
塗る前の様子と比べると、白くきれいになりました。
ですが、微妙に透けている気がします。
塗料は一斗缶で購入しており、余裕もある。
一回塗りだと微妙に透けるとアドバイスも貰っていたので
最初から、2度塗りするつもりであったのだが、
仕上がりを見て、2度塗り確定。

昼飯は、カップめんを一気にすすり、直ぐに2度塗り作業開始。

今日中に2回塗りを終わらせようと、急いで作業を
始めた結果、頭のタオルを忘れて作業開始。
いきなり塗装部分に頭がくっつき、ビルデック白髪!
一時前の関口宏のようです。

長袖シャツに、軍手で塗装をしていますが、
作業中、軍手と袖に微妙に隙間が出来ます。
肩より上に手を上げると尚更です。
その部分は、白いホクロのように無数の点々が・・・orz

塗装業者さんの服装を見ると、腕に長目の
リストバンドのような物をされているのを見ます。
リストバンドというと、汗拭きというイメージが有り、
作業中の汗拭き?とも思ったが、塗装職人さんの
多くが身に着けているのを見ており、塗装業界のハヤリ?
職人さんのファッション?等とオカシナ事を
考えていたらあのリストバンドは、汗拭きというよりも
袖と軍手の隙間から汚れる事を防ぐ物なんだな~と実感。
(それ以外にも深~い理由も有るかもしれませんが・・・)
調べてみたらネット上に有りました。
ロングリストバンドとか、手甲とかいう代物のようです。
(皆さんはご存知?蒼珍は知りませんでした。)

手甲というのは、いろんな素材のものが有って、
お祭りで使用する物も有るようです。
身に着けているのを見たのは、軍手の素材の長めのリストバンド。
ならば、長さは若干短いが、汚れた軍手の手首部分を
切り取って、リストバンド代わりに使ってみるのも有り?
軍手が汚れるのは手の指、手の平までで、手首まで
汚れる事は稀なので、手首の部分がキレイな軍手で、
捨てていない物が有る。
こいつをちょん切って、試してみようと思います。
価格も安いので興味のある方は購入するのも良いかも、
ホームセンターでは見たことが有りませんが、
ワークマンなどの作業着屋さんに置いてありました。

日が暮れかけた4時過ぎ、まだ終わりそうに有りませんが、
何としても、今日中に仕上げたい・・・・・
500W投光器

昨日の夜、ホームセンターで購入した投光器投入!
500Wです。
太陽の光より塗りにくいですが、残りもう少し!
5時30分迄かかり2度塗り終了。

塗装前の状況
軒裏塗装前

塗装後の状況
軒裏塗装後

ポリパテで補修した部分は、こんな感じです。
軒裏補修部分の塗装
鼻隠し板と軒裏の板の隙間が気になりますが、
ここは・・・・・・・特に実害が無ければ見なかったことに
しようかと・・・・・。

当日の作業終了時は、写真の撮れる状況ではなく、
翌日出勤前に撮影。

外から見ると、軒裏が真っ白で、浮き上がって
見える感じがします。

さて、いよいよ、次は壁の塗装に入ります。
水性塗料よりも、溶剤系の塗料のツヤの方が
ツヤが違うと教えていただいていた事もあり、
溶剤系の塗料を塗る気満々だったのですが、
我が家の塗装が複層弾性というサイディングに
塗装するには珍しい物が使用されており、
この塗装には、溶剤系はご法度との情報を頂いた。
自己責任で、溶剤系を塗る冒険も考えましたが、
いろんな説明を読んで、水性塗料を選択する事に
しました。

下塗りは、恒和化成のダイヤワイドシーラ。
最も安かったのは、仙台の業者さんでした。
多分、1缶では足りないのでしょうが、
1缶しか購入していません。
上塗りは、関西ペイントのアクアシリコンACⅡを
使用の予定です。

母の引越しなどもあり、作業が遅れていますが、
年内完工を目指して、頑張ります。
スポンサーサイト

テーマ : DIY
ジャンル : ライフ

 

軒裏のケレンと補修

11月7日

今週末まで、精神的にも負担の高い仕事に
忙殺されていた蒼珍です。結構へろへろです。
何とか、大物の仕事については片をつけました。
しかし、まだまだ巨大化しそうな仕事が潜んでいるので、
不安な状況ですが、頑張ります。

仕事が作業の遅れた理由になっても、足場を延長して
借りる理由として、我が家で認められるとは、
思えません。
進められるところで、頑張るしかないのですが
日の沈むのが早くなった最近では、4時半には
もう作業が出来ないほど暗くなります。
朝早くから作業を進めるのも方法ですが、
余り早い時間に屋根に上っているのも
周囲の目が微妙に気になります。
何にせよ何とかせねば・・・・


3日にマスキングしたところは、しっかり貼りついていますが、
窓が開けられないと、すこぶる評判が悪い。
既に、ミニ蒼によって昔の障子を破るかの如く、
プスプス穴が空けられている始末。
一部、開けられる様にマスキングしなおしてみようと
思いますが、結構難しい。
玄関扉等は動く形でマスキングするイメージが出来るのだが、
窓などの横スライド部分で開閉可能、通気も可能な状況の
マスキングは???????
片側だけマスキングしておき、塗装作業の際、もう一方に
臨時にマスキングすることで対応しようと思います。

3日にマスキングが終了していなかった部分もあり、
7日は残りのマスキングと、軒裏のケレン、終了後に
軒裏塗装に入る予定で作業開始。

私だけかもしれませんが、外壁に取り付けられた電灯、
エアコン室外機ガス湯沸かし器の上部などは、何となく
マスキングを忘れてしまいそうになります。
実際に忘れていて、後からマスキングした所もありました。

マスキング終了後に、軒裏のケレンを始めると・・・・
軒裏の塩カル板がペコペコします。
ここの釘、軒並み緩んでます。全体の3割が緩んでいる
感じで、全部の釘に対し、釘締め対応することにした。

ぱっと見、何ともなさそうですが、
軒裏の釘

軽カル板を押してみると
軒裏の釘の緩み

他にも曲がってしっかり打ち込まれていない釘、
打ち込みすぎて陥没した釘を多量に発見。
曲がってしっかり刺さっていない釘だけで、
19本な~り~
軒裏の曲がった釘
軒裏の陥没釘

陥没した釘は、穴が開いた状態で、釘としての機能を
していない状況でした。(TT)
奥側の釘は新たに打ち込んだ釘です。

このまま塗る気にはなれず、ケレン後に、釘締めで、
1本づつ釘を増し打ちし、曲がった釘は抜き、
新規に釘で打ちつけ、陥没部分はポリパテで穴を塞ぎ、
新たに釘で固定・・・・
軒裏ポリパテ補修

・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな事をしていたら、塗りに入れずに日が暮れて
しまいました。

5時まで懐中電灯で粘り、釘締めも全て終了。
明日は、軒裏を完成させたいです。

作業がノロイ事もありますが、今日の作業の約半分は、
釘の対応。プロならもっと素早いと思いますが、
この作業は、塗装の基本作業に含まれるのだろうか?
塗装を業者さんにお願いした場合、しっかりした業者さんで
無ければ、そのまま塗られてしまうのだろうか?
自分で作業していて、発見できて対応できた事は、
良かった!
そう思えば、建てた時の酷い作業に腹を立てずに済むな~。
などと作業後に思っています。

今日の作業ですが、軒裏のケレンは、120番の布ヤスリを
使用しました。ケレン後にラスター刷毛で付着したカスを
払い落としましたが、ケレンの際も刷毛での掃除も、
これが白く煙のようで、作業後、鼻毛が真っ白になるほどです。
(それだけ吸い込んでいるわけで、体には悪いですね。)
削る作業は、マスクもすべきですね。
作業後には、白い目ヤニに、白いハナクソ・・・・・
目と鼻からバリウムでも飲んだかと思うような色です。

自分の肩よりも、高い部分に手を上げて作業することは、
日頃の生活で余り無いためか、無茶苦茶、腕と肩が重い。
明日の作業のために、入浴中に念入りにマッサージ。
どれだけ回復するか?

明日も頑張ります。

テーマ : DIY
ジャンル : ライフ

 

マスキング

11月3日

文化の日。
休日出勤となりそうでしたが、4日連続11時までの
残業で(残業代は出ませんが)何とか休みを勝ち取った蒼珍です。
作業前にくたびれている状況かもです。
更に、嫌がらせでしょうか?
4日に、重要な会議が設定され、文書を数枚作らねば
なりません・・・・・
小島よしおのように、「そんなの関係ねぇ~」と
絶叫したいところですが、そのような無謀な勇気は
持ち合わせておりません。m(_”_)m
日が落ちてから、文書作りは頑張る事として、日中は
作業を頑張ります。

1階の屋根の上を見て気付いたことが有ります。
屋根の高圧洗浄が終わって、既に2ヶ月が経過しています。
何というか・・・・汚れています。(TT)
(当たり前ですね)
洗浄前と比べればきれいにはなっていますが、
埃っぽくなっています。
カラーベスト1枚、1枚の下端部は、横に筋状に白ぽくなって
います。
洗浄終了から既に2ヶ月経過し、その間に雨も台風も強風も
何度も有り、仕方の無いことかもしれません。
念入りに洗うつもりは有りませんが、1階屋根の塗装の
際には、軽く洗浄したいと思います。

2階の屋根の塗装が終わり、1階屋根を塗りたくなって
いましたが、上から塗料を垂らしてしまう絶対的な
自信があることから、セオリー通り、軒裏、2階部分の
外壁の塗装を、先に塗装しようと思います。

鼻隠しについては、色がまだ決まらないため、
軒裏、外壁を先にいきます。

汚しちゃならない場所の養生をしなければなりませんが、
まずは窓からマスキング開始。
以前に1箇所マスキングしたところは、台風の強風に
煽られ、見事に切れてしまいました。
破れた原因は、雨戸の戸袋の角から切れてしまったようです。
剥がす前の写真が・・・・ありません。

今回、マスキングの際は、失敗を反省して、貼り付け~。
前回切れたのは、この部分。
出窓の角

他にも、ネジが飛び出ている部分
出窓のネジ

雨戸側には、前回もマスキングテープでとんがった部分を
保護しましたが切れました。
今回も同様に保護。
こんな感じです。
出窓の角の保護

出窓のネジの保護

貼り付けた後に、ビニール側にもテープを貼り、
切れないように保護。(これは前回やっていなかった。)
これで大丈夫と思います。

写真・・・・・・撮り忘れ・・・・・後日挿入します


デコボコの窓をマスキングすると、部分的にマスカーの
ビニール部分にタルミができる事が有ります。
タルミの部分は、多少の風でも揺れて、バサバサ音を
立てます。
揺れるという事は、窓とこすれる訳で、また切れる可能性に
繋がります。また、意外と煩く、寝ていると気になります。
貼り付けたあとで、タルミをたぐり寄せて、貼り合せ、
バタつかない様に加工しました。
タルミの補正

もっとキレイに解決する方法もあるのだと思いますが、
オイラの知能指数では、こんなレベルです。

その後、強烈な風が吹いていませんので、これでもつのか?
わかりませんが、何となくいい感じ。

マスカーは55cm、110cm、210cmの3サイズが
ホームセンタでは売られていました。
元々持っていた、55cm、110cmも使いましたが、
長さが足りずに、途中で貼り合わせています。
雨などが進入しないよう、下から先に貼って、
上から被せるように貼り付けています。
一番大きな窓の部分は、今回購入した210cmの
マスカーを使用しましたが、それでも長さが不足。
ここも、同様に上下から貼っています。


週末は、軒裏の塗装をしたいと思います。

テーマ : DIY
ジャンル : ライフ

 

屋根の2度塗り-3日目

11月1日

11月になってしまいました。
自分の最初に立てた予定ではもっと作業が
進んでいたはずなのですが、予想以上に屋根、外壁の
洗浄に時間が掛かった事に加え、仕事や家庭の事情も
重なり、遅れています。年内完工を目指して、
ダメもとで有給申請してみようかと思っています。

昨日結構塗れた事もあって、今日中に2階屋根を
塗り上げる予定でスタート。
1階の屋根の事を考えると、上塗りは、更に1缶
追加で購入が必要になりそうです。
しかし、買うと間違いなく余りそうです。
廃棄にお金を掛けるなら、2階屋根の南側を
余った残りで、3度塗りしちゃおうかと考えています。
(時間的な余裕があるんかい・・・・という突込みが聞こえそう)
朝7時から作業開始、天候も、問題なく、
午後3時30頃に塗りあがりました。

洗浄前
屋根富士

洗浄後
洗浄後屋根-南側

塗装後
塗装後屋根-南側

さて、サビサビのアンテナ君ですが、交換を決めて、
色々物色していたのですが、アンテナ用の支柱や、
金具類でステンレス製の物は発見できず、新品を購入し
錆止めと塗装を施して設置する事にしました。
錆止めは有りますが、支柱を塗るために新たに
塗料を購入するのはアホくさいので、ここは余った塗料で
何を塗るか決めます。

3日は文化の日、休日出勤の可能性が高かったのですが、
先週の、夜11時までの残業4連発で何とか休みを確保!
窓のマスキングをします。

前に1箇所マスキングしたところは、見事に破けてしまいました。
破けるかな~と思っていたので、やっぱりといった所です。
もともと持っていたマスカーを使用したので、サイズが
小さく、窓の途中で貼り合わせて実施。
貼り合わせは問題なかったと思います。
しかし気になっていた、雨戸の戸袋の角から、台風の風で
穴が開いて空気が入り込み剥がれた感じです。
この辺に注意して、マスキングしたいと思います。

テーマ : DIY
ジャンル : ライフ

 

屋根の2度塗り-2回目 出窓の上部錆止め

10月31日

とうとう10月も今日で最後です。
前日に雨が降ったが、夕方には上がっていたため、
問題なく塗れそうです。
念のため、皮スキをカラーベストの隙間に突っ込むと、
濡れないが、皮スキにくっついてきた土埃が、
微妙に湿っている。
コイツは乾くものなのか?この程度なら大丈夫?
迷いましたが、昼迄は出窓の上に錆止めを塗り、
午後から屋根を塗ることにしました。
削っておいたブツブツの錆ですが、暫くほったらかし
だったので、新たにウッスラ錆びており再度ケレンし
新たに出来た錆をおとしました。
出窓上部-ケレン後


周囲をマスキングテープで縁取り、錆止め塗装。
錆止め塗料は、当初別の目的でも使用予定で、
使用範囲は限られているのですが、一斗缶で有ります。
錆止めも2度塗りしました。
出窓上部-錆止め後
使用している錆止め剤は、とっても仕上がりが滑らかで
素人の刷毛塗りでも、刷毛目が出ない位、平滑な仕上がりです。
使用した錆止め剤は、ミズタニペイントのRMプライマーです。
トタン部、銅板にも塗っています。

錆止めの上に何を塗るか?
屋根が緑、窓のフレームがブロンズ。
今までは茶色です。
鼻隠しも現状茶色ですが、ママ珍は白を希望。
意見が合いません。

最近、モスグリーンの屋根に、鼻隠し板、破風板が
白の家を、結構目にします。
ママ珍のお気に入りの家も鼻隠し、破風板が白です。

白と言っても、完全な白では無いと思いますが、
この色によって、雨樋の色にも影響します。
現状の茶色の上に白って透けそうな気もするが、
もうチョット相談して決めます。


午後からは、屋根の二度塗り2日目。
一回目に塗っていなかったこんなところ。
屋根の先端部

ここもしっかり塗りました。
屋根先端部の塗装

この辺りを塗る時、最初は屋根側から
塗っていたのですが、何か塗りにくい。
足場側のパイプに腰掛けて塗ると、
塗る部分も良く見えて塗りやすい感じ。
ママ珍からは「オシリ突き出した危ない」
と言われましたが、
この方が塗りやすいんだけどな~

テーマ : DIY
ジャンル : ライフ

 
プロフィール

蒼珍GONZO

Author:蒼珍GONZO
13回の引越しの末、
富士山の麓に落ち着いた・・・・
と思ったら、現在マイカーで
60km通勤。
オイラにゃジプシーの血が
流れているのでしょうか・・

5歳のちびっ子怪獣「ミニ蒼」の
成長が嬉しくてたまらない
チョー親バカです。

牛めしのアルバイト
車の整備士、
コンピューターのSEを経て、
現在、介護施設で働く
統一性のカケラもない
経歴の持ち主です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。