スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

壁の穴埋め

6月13日土曜日。
先日悪戯されて指の跡が付いたコーキング部分。
周囲には、指に付いたコーキングを擦り付けた跡も
トホホです。
グチャグチャになっている部分を少しエグッて
上から再コーキング。全7箇所終わりました。
擦り付けられた部分は、ワイヤーブラシで
ゴシゴシこすって、ま~納得いく程度に削り取りました。

普通の家に無いものを外し、穴が空いている部分が、
今日のテーマです。

板に穴が開いているところへコンクリートを
単純に詰め込んでも、ちょっとした力で
外れて落ちそうな気がします。
なので、穴にはそれぞれ斜めに釘を打ち込み、
打ち込んだ釘を奥側に曲げ釘に針金を巻きつけて
鉄筋の代わりにしました。
詰め込んだのは、防水コンクリートという代物。
ホームセンターで、2kg入りの物を購入してきました。
水と混ぜて穴に塗りこみ、表面が1~2mm程、
凹んだ位置まで詰め込みました。

何故1~2mm程凹んだ位置までにしたかと言うと、
コンクリートの表面は、ザラザラで、他の塗装面とは
明らかに違うことが、どうしても気になります。
しかも穴は、5つも有ります。
色が上に乗れば、目立たなくはなるでしょうが、
納得いきません。
穴塞いで、周りと分からなくするなら、その部分の
塗装をある程度剥し、部分的に吹きつけ塗装をすることで
分からなく出来るでしょうが、そんな道具は無い。
頼んでしまったら、DIYじゃなくなるし・・・
素人が塗るのに吹き付けの道具を準備するのは
金額的にもアホくさい。
それで、車の凹みを埋める為のパテを使って、
吹きつけタイル調の表面に挑戦してみました。
まず、ほぼ平らになる程度にパテを埋めました。
使ったパテは、コイツ。
パテ

硬化剤と練り合わせて使うタイプです。
練り合わせると、30分位で固まりますので、
作業はスピーディーに行う必要が有りますが、
パテの便利な所は、容易に削ることが出来ます。
削れるので、加工が容易です。
なので、まず均一にパテを塗り固まったあと、
こんな感じに、新たにネリネリしたパテを
ランダムにチョンチョンと塗りつけ付け乾燥。
パテチョン付け正面

斜めから見ると、こんな感じです
パテチョン付け横

固まった所で、カッターで余分に飛び出た所を
削り落とします。
パテ削り1

しかし、1回だと、出来上がった雰囲気が
他の塗装面と、まだ違う。
それで、これを繰り返すこと4回、
こんな感じに仕上がりました。
パテ仕上がり

今は色が違うので、穴埋めしましたという
自己主張の強い状態ですが、この上に色塗ったら
結構分からないと思いません?
出来栄えは満足。嫁さんに「どう?」と
聞くと、「ふ~ん・・・」
あんたは興味ないものには、全く関心持たない人だねぇ~

日が落ちて夕方から、市内でやっているお祭りへ行ってきました。
吉原(よしわら)の祗園祭です。
東京の吉原ではありません。
静岡の吉原です。読みは一緒です。
山車
こういった山車も10台位出ます。
写真は暗くて撮れず、この写真は、
メールで頂いたものです。
幼稚園のお友達もいっぱい来ていました。
そこで、ミニ蒼が幼稚園で、お話している事が
判明!どうやら、蒼珍は、家を破壊している
お友達に話しているらしい・・・・。
壊している訳では無いが、こんな物を外したり、
ガス管他
色々ガリガリ削っている姿は、家を補修しているとは
理解しにくいのかね~
壊してないの!直してるの!
スポンサーサイト

テーマ : DIY
ジャンル : ライフ

 

配管取り外し

先日ブログで紹介した、普通の家には無いものを
取り外しました。

相変わらず、コーキングしていますが、
密着を高めるためのプライマーを塗ってからの
作業となります。
晴れの日は、あっという間に乾きますが、
缶の説明でも確か30分位は置くように書いてあり
その間に、普通の家には無いものをやっつけていました。

無駄な配線は、塩ビ管の中に配線が通っていた部分は
プラスドライバーで簡単に取れましたが、
軒裏に両面テープで貼り付けられた配線カバーというか
ケーブルモールと言うか、コイツが厄介でした。
剥した後に両面テープがバッチリ張り付いています。
このまま塗ったら絶対出っ張るし、見た目も悪いので
剥すことにするが、本当に取れない。
手持ちのスクレイパーでは、歯が鈍すぎて全くダメ。
ワイヤーブラシで挑戦!周囲が汚れるだけで全く取れずorz
カッターで削ってみるが、カッターの本体が
ついていると、歯に角度が付くので、削りにくい。
こんな形のスクレイパーも有るのは知っているが
わざわざ買いにいくのも面倒なので、
チョット危険だが、カッターの歯だけでカリカリ
多少軒裏の軽カル板も多少削れましたが、塗ってしまえば
分からない程度でしょう。

一つの配管は真直ぐ壁を貫通しているのではなく
壁の中で分岐しているようで、全てを取り外すことは
壁をぶち破らなければならない。
部屋の中の壁は、作業場であったこともあり、
結構汚い。直接部屋に貫通している管も3本有り、
部屋の中も穴だらけで、完全撤去のために、
壁を破るなら屋内。
でも、そっちに手を出すと外壁塗装が、ますます遅れて
しまうので、取り敢えず外に出ている部分を全て撤去
することにしました。

これらの配管は、パイプレンチという工具で外しました。
配管外し

2本有れば楽なのですが、1本しかなく、おまけに
滅茶苦茶硬いでやんの。
高校時代、背筋200kg、握力右75kg、左80kg
化け物と揶揄された蒼珍もすっかりメタボ。
逞しかった大胸筋は、脂肪という物質に変化し、
重力によって、下腹部に蓄積されています。
現場監督、ミニ蒼の「パパ外れないの?頑張って~」
の言葉が無ければ諦めたかもしれませんが、
ファイト一発、「ふんが~」と掛け声掛けて何とか
全ての配管を外すことが出来ました。

配管と壁の隙間は、どうやらシリコンシーラントと思われるものが
充填されています。塗装時までに極力剥したいですねぇ

外した管のうち1つはガス管。
ガス管栓なし

ガス管だけに、外してほったらかしにする訳には
いきません。
何せ、メーター横のバルブは閉めてあっても、
プロパンに繋がっています。
なので、塞ぐための栓を購入、後は配管の途中の材料を
一部再利用して、塞ぐこととしました。
繋ぎ管と栓


使わない管とは言え、中を通るのは、蒼珍と同じくらい
危険極まりないガスが通るので、漏れては困ります。
水道管を修理する時等に使うシールテープを巻いて、
締め込み、ガス管撤去完了。
シールテープ
ガス管栓終了

コーキングも1階部分は、ほぼ終了。
ですが、やり直しをしなければならない所が1箇所。
今日は、コーキングと配管撤去を同時進行でしていたので
どうもボケていたのか、サッシ周りのコーキングを終え、
通常ならすぐにマスキングテープを外すのですが、
1箇所剥し忘れていたのです。
もう最悪です。ここのサッシは、出窓になっていて、
家の角に有ります。
そのため、南面と東面がくっついているのですが、
南を剥して、東を忘れてしまいました。
作業の片づけをしていて、気付き剥しましたが・・・・
どう言ったらいいのか、タチの悪い湯葉というか、
マスキングテープにびろーんとコーキング表面に出来た薄皮が
引っ付いてきて、どうにもなりません。
固まってから、表面削って、増し打ちしようと思います。
表面びろんびろんの写真は、暗くなってしまって撮れず
修復の際載せます。

あと、マスキングテープを剥す際、油断していると
手に付きます。ブラブラさせると壁にも着くと思います。
角材を使って、巻き取る方法をホームページで見て
やってみました。さすが、上手くいきます。
角材があったので使いましたが、無い方は
新聞紙を筒状に丸めて使ってもいい感じ。
そのまま捨てられるし。何度かやってみました。

でも、剥し終わった後、どこに置くか・・・
新聞紙方式は、すぐにゴミ袋に直行させられますが
そうでない場合、一時どこかに置くわけです。
テープにくっついているコーキング材が
固まっていないので、滅多な所に置けません。
で、最近は、空になったコーキング材の筒を使って
剥してます。
マスキング剥し

剥した後は、専用スタンドです。
専用スタンド


って、タダのブロックですが、大きさ的にバッチリ。
気に入ってます。

テーマ : DIY
ジャンル : ライフ

 
プロフィール

蒼珍GONZO

Author:蒼珍GONZO
13回の引越しの末、
富士山の麓に落ち着いた・・・・
と思ったら、現在マイカーで
60km通勤。
オイラにゃジプシーの血が
流れているのでしょうか・・

5歳のちびっ子怪獣「ミニ蒼」の
成長が嬉しくてたまらない
チョー親バカです。

牛めしのアルバイト
車の整備士、
コンピューターのSEを経て、
現在、介護施設で働く
統一性のカケラもない
経歴の持ち主です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。