スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

錆止め塗装

9月23日

昨日は半日で作業を中断したこともあり、
筋肉痛も幾分回復。
出窓のケレンはまだまだ残っていますが、
この部分は天候が悪い時、日が暮れた後にも
作業ができるとの勝手な理由をつけて
本日はケレンをせず、トタンに錆止めを、
塗装することにしました。
下塗りでは、トタンを最初に塗るつもりで
シープラも塗布していたのですが、
何といっても、銅板を見つけてしまい、
混乱している訳です。
シープラは大変高価な塗料であることは、
前に書きましたが、この塗料への上に
塗料を塗る時間は、塗布後16時間~
7日以内。
ここで錆止めを塗っておかないと、
7日を超えてしまう可能性もあり、
錆止めを塗ってしまうことにしました。
トタン部への錆止めは良いとして、銅板に
錆止め塗料が対応するのか?
念のためメーカーへメールで問い合わせ。
現時点で回答有りません。
シルバーウイーク中では仕方ありません。
カラーベストの下塗り剤も追加注文中。
銅板以外の2階屋根、1階の庇部分の錆止めを
することにしました。
さび止めは、RMプライマーという2液系のもので、
購入したのは、グレー。

他に、赤錆色、などが有りましたが、上塗りと
色が異なり明るめの色であれば、上塗りの状況で
下の色が透けた場合など、解りやすいし、現在の
色とも違えば、塗り残しも防げるためグレーを
選択しました。
塗料は使用前に攪拌する必要があります。
そのためホームセンターで1,000円程の
攪拌用スクリューを購入してあります。

この塗料は、比重が重たいようで、移動時、
缶の中でタプタプ音がしていた。
中身が少なそうだと感じていた訳ですが、
缶をひたすらグルグル回して、開けてみると缶に
2/3程しか入っていないため、
缶を激しく振り回すことでも十分に攪拌が
できたと思った。ちなみに5分位は
振り回していたので、結構いい運動。
この缶は注ぎ口が大きく、注ぎ口から
中の様子が見えたのだが、十分に混ざっていると
思われる。
今回はスクリューの活用は見合わせ。

2液を混合するので、重さを量り混合するのであるが、
混合比が14:1 希釈率10~20%
15の倍数の塗料を作るつもりで計量すれば、
計算機が無くても大丈夫。
300gの塗料を作るべく、280gのRMプライマーと
20gの凝固剤、希釈用シンナーを30gで330gの
塗料を作成。
計量に使ったのは、ママ珍がお菓子作りに使っている秤。
秤

2kgまで量れる代物ですが、そんなに大量の塗料を
一度に作る勇気は有りません。
また、秤を塗料で汚してはまずいので、ビニール袋で
密閉して使用。

希釈用のシンナーを含めれば3液ですが、
こいつを塗装用の缶に入れ、再び攪拌後に使用します。
塗装用の容器に移してからの攪拌は、スクリューを
使うにはスクリューが、でか過ぎて意味が無さそう。
攪拌用の棒で攪拌。
100均のコーキング用ヘラでもいいし、
または、割り箸を何本か束ねて混ぜでも良いと思う。
材質によっては溶けるかとも思ったが、蒼珍は
コーキング用のヘラでグルグル攪拌。
どれだけ混ぜればいいのか分かりませんが
できるだけ念入りに、混ぜ混ぜ。

塗料を一斗缶から容器に移す際、気をつけていても
こぼれる事もあるし、スクリューやら、攪拌様の棒、
塗料の蓋など、そこいらを汚す要素は多い。
そのため、塗料を扱う場合は、地面に養生し、
汚さないようした方がよいでしょう。
養生に使用したのは、ブルーシート。
このブルーシートは、ホームセンターで最も安かった物で
3.6m×5.4mの大きなサイズながら、価格は
298円の代物。(1/4に畳んで使用しています。)

屋根洗浄の際に使用したのですが、古くから
持っていたブルーシートは全く切れていないが、
こいつはペラペラなため、ちょっとした風で破れた。
洗浄前に追加で2枚購入した物ですが。
2枚とも、紐を取り付けるリングの部分が
かなり、ちぎれてしまいました。
安かろう悪かろうかもしれませんが、
この値段なら納得です。
そのうちの1枚を養生用に使うことにしました。
使うたびに出し入れするのも面倒。
風で飛んでも困ります。
そこで、アウトドア用品のテント用のペグに登場頂いた。
(ペグ:テントのロープを地面に固定するための杭)
もともと持っている物なので、費用負担もない。

駐車場の一角に、ブルーシートを固定し、完工まで
そのまま使うことにしました。

話は戻って、330gの塗料を作り塗り始めたのですが、
塗りはじめと、塗り終わりでは、塗料の雰囲気がかなり
違います。
残り少なくなった塗料は、ドロドロになり、とても塗りにくい
状況になります。
塗料によって、粘り気など性質も違うので、
一概には言えないですが、塗りムラなどの心配が無い場合は、
少量づつ作成し塗装した方がオイラは良いように感じます。

トタン部分の塗装も面積を計算し、カタログ上の
塗布量を参考に塗る範囲の塗料 + アルファーで
作ったつもりですが、2割ほど足りませんでした。
塗料を乗せすぎという事でしょう。

本日塗った部分の写真。
トタン錆止め1
トタン錆止め2
トタン錆止め3

庇の上にも足場の足があり、高圧洗浄時と
同様に、足を縮めて紐で吊った状態で、塗装。
当然、上には恐ろしくて乗れません。
さて、いつまで吊っとくべきか?
次回の作業まで特にする事もないので、それまで吊って
おくことにしました。

今日は作業中、現場監督ミニ蒼が家の前で
自転車の練習をしていた。
下から何やらニヤニヤとした視線を送ってくる。
顔にペンキでも付いているのかな?
等と思っていたのですが、最悪です。
作業が終わり足場からおりると、ミニ蒼から、
「パパ、オシリ出てるよ~♪」??
ズボンのオシリがパックリ割れています。
そういうことは、すぐに言って欲しい物である。
作業用に着ている着古したジャージですが、
尻の縫い目が切れたのか、ほどけたのか
パックリ20cmはあいています。
いつからあいていたのか?
増え続ける○○の影響も有るでしょうが、
屋根の上で、オシリ突き出す姿勢で
恥ずかしすぎます。
ミニ蒼がニヤニヤしていた事を思い出すと
ほぼ一日中、パンツ丸出しルックで
作業していたらしい。orz
あとジャージは容易に塗料を通すので
塗装中の作業着には向きませんね。
太ももに1滴ペンキが付いていました。
安い作業ズボンでも購入しようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : DIY
ジャンル : ライフ

 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
プロフィール

蒼珍GONZO

Author:蒼珍GONZO
13回の引越しの末、
富士山の麓に落ち着いた・・・・
と思ったら、現在マイカーで
60km通勤。
オイラにゃジプシーの血が
流れているのでしょうか・・

5歳のちびっ子怪獣「ミニ蒼」の
成長が嬉しくてたまらない
チョー親バカです。

牛めしのアルバイト
車の整備士、
コンピューターのSEを経て、
現在、介護施設で働く
統一性のカケラもない
経歴の持ち主です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。